메뉴 바로가기 본문 바로가기



商品登録

  • Excelフォーマットに情報を入力して商品を登録することができます。
  • 複数の商品を一括で登録する際に便利な機能です。
  • タブを変更して商品登録、関連商品の設定、オプション/在庫更新を一括で行います。
  • 新規商品の登録および既存商品の情報修正は[商品登録]タブを、関連商品の情報修正は[関連商品設定]タブを、品目および在庫の修正は[在庫管理]を利用してください。
フォーマットダウンロード
  • 新規商品を登録する場合は、まずExcelフォーマットをダウンロードしてください。
  • すでに登録された商品を修正する場合は、[フォーマットダウンロード]で「基本フォーマット」をダウンロードし、商品リストで修正する商品を修正します。
  • Excelフォーマットは不定期に更新されます。商品登録の際にエラーが発生する場合には、最新バージョンのExcelフォーマットをダウンロードした上で、改めてアップロードしてください。
データアップロード
  1. 1)基本フォーマットの説明
  • Excel入力方法ガイド
  • 新規商品を登録する際の必須項目は[ショップ管理>運営管理>詳細設定>商品設定]の「販売価格の計算基準の設定」の設定によって異なります。
      1. 「販売価格の計算基準の設定」が「商品価格」である場合:商品名、商品価格、仕入れ価格
      1. 「販売価格の計算基準の設定」が「商品価格」以外の場合:商品名、販売価格、仕入れ価格
  • 商品を修正する際の必須入力項目は「商品コード」です。
  • ファイル形式を[Excel ブック(*.xlsx)]または[Excel ブック(*.xls)]で保存してアップロードします。
  • アップロード可能な商品数は、最大で1,000個です。
  • 商品のオプション品目数が1,000個以上登録されると、画面にアクセスした時に正常に読み込まれないことがあるので、ご注意ください。
  • 値を入力する際、必要のないスペースを加えると、正常に動作しないことがあるので、ご注意ください。
  • Excelで一部の項目を削除してアップロードした場合は、該当の項目の情報はアップデートされません。
  • 基本フォーマットに別途項目を追加してアップロードした場合、アップロードが完了しても追加した項目は適用されません。
  • [ショップ管理>運営管理>詳細設定]メニューで「商品設定」タブの「オプション自動翻訳」項目が「使用する」に設定されていると、登録された商品のオプションが自動で翻訳されます。
  1. 2)商品の新規登録および商品の修正方法
  1. (1)商品の新規登録
  • 商品の新規登録時には、商品コードは空欄にしておいてください。商品コードは、商品登録をした後にシステムで自動的に作成されます。
  • オプションを使用する場合は、Excelファイルのアップロードの際に入力したオプションの内容をもとにして、品目が作成されます。
  1. (2)商品の修正
  • 商品を修正する際、すでに登録されている商品コードを使うと、該当の商品の情報が修正されます。
  1. (商品コード:商品自体に付いているコードではなく、商品の登録時に自動的に発給される、その商品固有のコード)
  • すでにオプションを使用している場合、オプションの使用有無や品目の組み合わせは、Excelファイルの登録では変更できません。
  • 商品のオプションおよび品目を追加したい場合は、商品の修正で直接修正するか、オプション在庫修正タブを利用してください。
  • 「商品カテゴリ管理の登録・修正」での権限によって制限された場合、「商品カテゴリ番号、商品カテゴリの新着商品エリア、商品カテゴリのおすすめ商品エリア」は、変更できません。
  • 「商品の修正」の権限によって制限された場合、「商品名、課税区分、定価、仕入れ価格、販売価格」は、変更できません。
  • 越境ECショップの商品情報をExcelで修正した場合、「基本ショップ情報を共通使用」のチェックを解除したか確認した上で保存してください。
データアップロード結果ポップアップ
商品コード情報の照会
  • 商品をアップロードする際、商品コードの入力が必要な項目(例:トレンド名、ブランド名、原産国、HSコードなど)の情報を確認できます。
  • 「すべてのコード情報をダウンロード」をクリックすると、Excelファイルのデータをダウンロードするできます。また「HSコードを見る」をクリックすると、関税庁のHSコード統合検索ページにつながります。
商品コード情報の照会ポップアップ