메뉴 바로가기 본문 바로가기



機能詳細について

1. 編集中のデザイン
  1. 現在、編集ウィンドウに読み込んでいるショップデザイン名を表示します。
  1. メインデザインの場合のみ[使用中]アイコンが表示されます。
2. よく使うページ
  • 普段よく使うページをお気に入り形式で集めたリストです。
  • よく使うページのお気に入り名を変更・削除できます。
3. フォルダ・ページの追加
  1. 希望の場所にフォルダーおよびページの作成ができます。
4. ページ名検索
  1. ページ名でページを検索できます。
  1. 修正したいページを選択し[選択ファイルを開く]ボタンをクリックすると当該ページが編集ウィンドウに表示されます。
5. 全てのページを見る
  1. ショップデザインフォルダーにあるすべてのページをツリー形式で表示します。
6. よく使うページの追加
  1. よく編集するページ名の左側にある星アイコンをクリックすると「よく使うページ」に追加できます。
7. 修正中のファイル
  1. 編集ウィンドウ左側で修正するファイルを選択すると、当該ファイルがタブで表示されます。
  1. 複数のページが開いている場合、左右の矢印ボタンをクリックしてタブを探したり、現在開いている全てのページのリストを確認したりできます。
8. 保存・名前を付けて保存・削除・閉じる
  1. 1) 保存
  • 修正したページを保存します。
  1. 2) 名前を付けて保存:
  • 選択したページに名前を付けて保存します。保存先を選択し、ファイル名を入力すると新しいファイルとして保存されます。
  1. 3) 削除
  • 選択したページを削除できます。ただし、新しく追加したページのみ削除でき、デフォルトで提供されるページは削除できません。
  1. 4) 閉じる
  • 選択したページを閉じます。
9. プレビュー・最新ソース・履歴
  1. 1)プレビュー
  • ページを編集して保存する前に[プレビュー]ボタンをクリックすると、適用後のページを確認できます。
  • 多くの場合、「分割表示」または「HTML表示」で編集した後、プレビューボタンをクリックします。
  1. 2) 最新ソース
  • 現在、編集中のページの最新ソースを表示します。最新ソースがない場合、ボタンは有効になりません。
  • ソース内容を確認した後、[適用する]ボタンを押すと現在ページに適用されます。最後に保存ボタンをクリックすると最新ソースがデザインに反映されます。
  1. 3) 履歴
  • 現在編集中のページの保存履歴を表示します。(最大10個)
  • 履歴から保存時間を選択すると、ソースを当該時間の保存内容に変更します。
  • 最後に保存ボタンをクリックしないとデザインに反映されません。
10. ソースの一括変更 ソースの一括変更のヘルプ
  1. 編集中のファイルから特定ソースを検索して一括変更できます。
  1. [ソース一括変更]をクリックすると下段にレイヤーが表示されます。([ソース一括変更]は分割表示およびHTML表示で提供される機能です)
  1. ※ ソースの復元方法
  1. 変更前のソースコードを復元したい場合は、編集ウィンドウ内の「履歴」機能で以前のソースに戻すことができます。
  1. 1)検索・置換
  • 検索:検索する文字列を入力します。(入力必須)
  • 置換:変更する文字列を入力します。変更する内容を入力せずに一括変更すると、空欄に置換されます。
  1. 2)一括変更
  • 検索する内容と一致する文字列が一括置換されます。
  • 一括変更の後に保存しないと、変更内容がショップページに反映されませんので、ご注意ください。
  1. 3)範囲
  • 一括変更する範囲を設定します。
  • 現在のファイル:現在、編集中のファイル内で変更できます。(例:キャプチャー画像の index.html で検索した後、一括変更)
  1. 開いているすべてのファイル:開いているすべてのファイルの検索・変更ができます。(例:キャプチャー画像を index.html、detail.html で検索・一括変更)
  1. 4)オプション
  • 大小文字の区別:チェックすると大小文字を区別して検索します。
    1. 例)検索したい内容が「$cafe24」の場合、「$cafe24」のみ検索し、一括変更できます。($CAFE24または$Cafe24などは検索・変更できません)
11. 全体を保存・全体を閉じる
  1. 全体を保存:開いているすべてのページを保存します。
  1. 全体を閉じる:開いているすべてのページを閉じます。
12. ログイン前・ログイン後
  1. ログイン前:現在、編集中のページをログイン前の状態でプレビューします
  1. ログイン後:現在、編集中のページをログイン後の状態でプレビューします。
13. 編集画面モード
  1. 以下のように全体表示、分割表示、HTML表示の3つの編集画面モードを提供しています。
  1. 1)全体表示
  • 編集するページをプレビュー形式で見ながら修正できます。
  • マウスでモジュール単位のエリア選択ができ、修正したいエリアの編集ボタンを押すとデザイン・設定などを修正できます。
  • 修正した内容はすぐに反映され、全体表示でも変更されます。
    1. ※ プレビューなので、修正した内容が保存されません。ご注意ください。
    1. ※ 全体表示ではモジュール追加機能は選択できず、無効の状態で表示されます。
  1. 2)分割表示
  • 編集するページをプレビューとHTMLの両方で見ながら修正できます。
  • 上段(モバイルは左側)のプレビュー領域ではプレビューの機能をそのまま使用できます。下段(モバイルは右側)のHTML領域ではHTML編集機能をそのまま使用できます。
  • 上段(モバイルは左側)のプレビュー状態で編集する領域を選択すると、下段(モバイルは右側)のHTML編集領域に選択した領域のソースがハイライト表示されます。
  • HTML編集エリアでソースを修正し、上段のプレビューボタンを押すと、修正内容がプレビューエリアに表示されます。
  1. 3)HTML編集
  • 編集したいページのHTMLソースを開いてコードを直接修正できます。
  • HTMLをご存知の使用者はすぐに修正できます。モジュールコードアシスト機能が適用されているため修正が簡単です。
    1. ※ ソースを修正した後、修正内容を画面上で確認したい場合は「全体表示」または「分割表示」モードに移動してください。